リアルとバーチャルが完全融合

スマホ上(バーチャル)で自分が育てている野菜は、
プロの農家の畑で協力してもらいながら実際に育てている、
本物の野菜(リアル)です。

日本中にいろんな野菜を育てている、様々な個性を持った農家さんがいらっしゃいます。
珍しい野菜を幅広く、多品種多品目で育てている方もいれば、
地域の特性を活かして、少ない品目に絞り込んで効率よく栽培される方もいらっしゃいます。
それぞれの持つ個性の力を少しずつお借りして、 自分の野菜作りをはじめることができます。

畑の状態はアニメーションでリアルタイムに更新されます。
作物の生育状況や天気も現地の情報を元に刻一刻変化していきます。

現地からのリアルな情報とリンクしてアプリ上のアニメーションで表現されます。
畑の土作りの状態、作物の生育速度、農業資材の使用状況、天候情報など
これらすべて現地の本物の畑と同期して手元のアプリに即時反映されるので、
どこに居ても、まるで現地にいるような感覚で野菜を育てる体験ができます。

刻々と変化するリアルタイムな情報に対応して
現地の農家さんの協力を仰ぎながら栽培を進めていきます。

野菜の生育状態に応じてどんな作業をしていくのか
農家さんとの濃密なコミュケーションを通じて自分で判断し
リアルな栽培を体験できます。

野菜を育て上げるまでは様々なことがあります。
決して簡単ではありません。
途中で病気が発生することもあり、天候不順でダメにしてしまうこともあります。
本当の野菜の栽培をしているからこそ
野菜栽培の難しさもわかり、収穫の喜びも分かち合うことができるのです。

うまく収穫まで行けるように頑張っていきましょう!